向き不向き

Posted under by thelocalgroup.org on 木曜日 14 11月 2013 at 6:49 AM

□テープ起こし
テープ起こしとは、会議などの際に交わされた話の内容をテープに録音しておき、それを文字として起こす作業のことです。
人間の会話をリアルタイムで文字にしていくというのは、タイピングの得意な人でも容易なことではありません。会議中の会話などなおさらです。プロのライターでも難しいと言われています。
それを踏まえると、会議中の会話を録音しておきそれを専門の業者にテキストにしてもらうという方法はとても有効であると言えます。もちろん時間はかかりますが自分でテープ起こしをしても良いでしょう。

□向いている人
・漢字や言葉など国語が得意かどうか
・さまざまな分野の情報を持っていて、また調べることが好きな人
・最新の話題に詳しく、ついていけるかどうか
・新聞などを毎日チェックしていて、世界の動きなどについても理解しているか
・複数の人で会話していても、声の違いで個人を区別できるか
・口が堅く、他人に言いふらしたりしない人

テープ起こしには向き不向きがあります。言葉をしっかり理解できていないと、正しい文章にすることはできません。そのため、できるだけ多くの言葉を知っている人のほうがテープ起こしには向いていると言えます。
会議のように短時間でたくさんの言葉が飛び交うような場面だと、複数の人の声が同時に重なるということもよくあります。ここで声の違いを聞き分けることができないようであれば、テープ起こしは向いてないと考えたほうが良いでしょう。

OUT LINK

テープ起こしの詳しい情報を知りたいなら『テープ起こし会社の徹底比較ガイド』


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。